ホーム 教会紹介 ニュース メッセージ ひろば
ぶどうKBC
香柏

教会にお越しになる方の疑問にお答えします。

■ 教会には、いつ行けばよいですか。 ●お勧めは、日曜日の朝10時30分からの「礼拝」です。ご説明やご案内が必要になる場合がありますので、10分程度早めにお越しになると安心です。「集会案内」に記載している会がご都合がよろしければ、いつでも結構です。個人的にご相談がある場合には、教会にお電話などの連絡をください。随時対応いたします。
■ 教会へは、どうやって行くのが便利ですか。 香椎駅東の看板 ● 交通機関としては、JR鹿児島本線ならば香椎駅でお降りください。二階の南側出口から歩道橋を渡ると(右図看板あり)、香椎高校グラウンドがあります。その塀に沿い、歩けば、駅から5分程度で教会が見えてきます。西鉄香椎駅をご利用の場合には、JR香椎駅に向かえば、同様です。また、お車の場合には、香椎高校正門を目指してください。駐車場が、教会から少し離れた場所にありますので、一度教会前に来て二階にご連絡戴くか、または事前にお電話を戴ければご案内いたします。→教会と駐車場の地図(別ウィンドウで開きます)
■ 教会へは、何を持っていけばよいですか。服装に決まりはありますか。 ● 基本的に、何も必要ありません。聖書や讃美歌なども、教会にあるものをお使い戴けます。ご自分のために必要と思われるもの(たとえばメモ)があればご準備ください。服装にも決まりはありませんので普段着・お気に入りの服で結構ですが、極端に派手な服の人はあまりいらっしゃらないので、少し落ち着いた服だと無難だと思われます。
■ でも、献金というものがあると聞いていますが。 ● たしかに、礼拝の中で「献金」(ささげもの)がプログラムにあります。担当者が席をまわり、籠に袋を集めるものですが、中身はすべて自由です。とくに、初めての方やその意味をまだお考えになったことのない方は、受付でお渡しする袋を、どうぞ空のまま、その籠に入れてください。誰がいくら入れたかは、人には全く分からない仕組みになっています。
■ 香椎バプテスト教会は、どういうキリスト教のグループに属していますか。 ● 香椎バプテスト教会は、単立といって、キリスト教の団体に属していない単独の教会です。ただし、バプテストといいますので、その名前の教会の信仰を受け継いでいます。福岡には西南学院大学というキリスト教の学校がありますが、直接その団体につながっているものではありませんのでややこしくお考えになるかもしれません。ただ、聖書を素直に読み、神の言葉として受け止め、聖書にあるキリストの救いを信じ、神の恵みを喜びながら、ふだんの生活をそれぞれの場所で、希望をもって歩んでいけるようにと願いつつ、牧師は説教で励まし、また様々な相談にも応じています。聖書とは何か、聖書を読んでいいことがあるのかしら、とお思いの方には、最適の教会ではないかと自負しております。
■ 聖書や讃美歌にはいろいろな種類があるそうですが、香椎バプテスト教会では、何を使っていますか。 ● 香椎バプテスト教会では、聖書は「新改訳聖書」を使っています。信仰生活をする上で分かりやすいと言われています。讃美歌は、日本基督教団の「讃美歌」が中心です。歌詞が古くなってきましたが、馴染みがあり品格のある歌詞をもち、曲も有名なものが数多く載せられています。その他の讃美歌集の歌も、礼拝でときおり用いられます。
■ 子どもを連れて礼拝に参加してもよいでしょうか。 ● どうぞ、喜んで。小さなお子様がいると、誰しも優しい気持ちになります。泣き声や仕草など気になさる場合には、ガラス張りの部屋がありますので、気兼ねなく礼拝に参加することができます。小学生くらいのお子様でしたら、同時並行で教会学校が開かれている場合がありますので、そちらにご参加なさると楽しいと思います。まずは10時半に会堂にお入りください。プログラムの途中から子どもだけのクラスが始まります。ただ、月に一度程度、そのクラスを実施しない時がありますが、必要に応じて適切に対処させて戴きますので、ご心配でしたらなんでもご相談ください。中学生以上でしたら、そのまま礼拝説教に残るのが相応しいかと思います。
■ 車椅子で入れますか。また、視覚や聴覚に障害(碍・がい)がある場合はどうでしょうか。 ● 車椅子でも問題ありません。エレベータがありますので、会堂のある三階まで無理なく行けます。トイレは、二階ですが、車椅子対応のトイレがあります。また、視覚障害者のためには点字の聖書と讃美歌があります(日常的に利用なさる方もいます)。聴覚障碍者のためには、手話のご理解があれば、礼拝にはすべて手話通訳がついています。教会用語など、馴染みのない手話があったり、スムーズに通訳できないことがあったりすることもあると思いますが、ろう者もふだんから礼拝に出席していますので、礼拝後も語らうことができるかと思われます。また、午後の礼拝で、手話による説教もあり(多くは第4日曜日午後)、牧師の手話だけによる聖書のお話に触れることができます。
■ 写真に撮られたり、映像に映されたりすることはありますか。 ● 基本的に、むやみに写真を撮ることはありません。万一何かのために人々の様子を撮影することがありましても、教会のウェブサイトやブログなどに載せるときには、顔やお名前が分からないように配慮いたします。また、教会に直接来ることができない信徒のために、礼拝の様子は、USTREAMサイトで中継されていますが、映されるのは講壇のところだけです。少しでも映り込みたくない場合には、前から4番目以降の座席にお掛けになれば、起立しても映る可能性はありません。
■ お昼過ぎに礼拝は終わるそうですが、教会でお昼ごはんを食べる場所はありますか。 ● 昼食は、教会で用意しております。二階ホールで共に食します。どうぞその席にお加わりください。その日によりメニューや方式は違いますが、300円程度の実費を戴く場合もあります。最初にご参加くださる場合には、規定により徴収は致しませんので、どうぞお気軽にお残りください。食事を共にすることは、イスラエルでも大切な友好の証でした。毎月一度は、持ち寄りのご馳走を食卓に並べる愛餐会としております。簡素ですが、心のこもった手作りの食事もあります。時に、外注して係の負担を軽くするという週もあります。しかし、食卓で花咲く会話はいつも明るく、優しさに満ちています。



「教会紹介」にもどります
ページトップへもどる ▲
© 香椎バプテスト教会 福岡市東区香椎駅東1-12-37 (〒813-0012) mail: kashii11237@yahoo.co.jp
ホーム 教会紹介 ニュース メッセージ ひろば