教会へのお招き

<目次>
1.「私が教会の門を叩いたわけ - 人生の嵐の中で」
2.「自分を生きるために」
3.「生きる意味を求めて」
4.「家庭と学校と教会がともに!」
5.「いのち与えることば」
6.「今だから…、家族を考えたい」

教会へのお招きトップへ



お招き 1 「私が教会の門を叩いたわけ - 人生の嵐の中で」

人生の嵐

 とにかく参った。当時五十一歳の私の人生に一度に色々な問題が降りかかってきたのです。会社は倒産寸前で、癌の宣告を受け不安がつのるばかり。その上、我が家の希望の東大生の長男が、大学院進学の予定を放棄して、卒業後、牧師になると言って神学校に行ってしまったのです。彼は二年ほど前にクリスチャンになって色々考えていたようですが、「信仰は自由だ。深入りするな」と言う親の反対を押し切り、トランク一つで家を出て行ったのです。東大生の我が家の希望が出て行ってしまったのです。
 そして、一年ほどして私の会社が倒産。
 もう一つ。三男は兄貴と違って今流の子供で、他の大学に行きたかったのを、親の好みで無理に学習院大学に入れたのです。ところが、夏休みの運動部の合宿から帰ってくると家出してしまったのです。私たちは狂ったように盛り場などを探し歩きましたが、親の知らない所で子供が生きているという物凄いショック。
 私の人生で、これはと拠り所にしていたことが皆、ぱあになってしまいました。振り返って俺の人生の目標は一体何か、俺の拠り所は一体何だったのかと考えてみたら、「空の空」なんです。
 私は東京農大を卒業後、ビール製造会社に就職し、二十数年技術屋として酒造りに打ち込んできました。一生懸命、会社の中で働いて良い発見をするとか、昇給・昇進・社会的地位や名誉を得るとか、子供が良い学校に上がるとか。それらを生きがいにしていました。そして、それらが全く何の頼りにならないものと、この経験を通してわかったのです。
 「自分で生み育てた子供の心を理解できない父親。悩んでいる妻を慰められない夫。人生の目標を見失った人間、それは俺だ」という状況の中で、長男の中学からの親友M君のお母さんから、意外な報せを受けたのです。東大を出て一流会社に勤め婚約者も決まり、周囲のみんなから前途を望まれていたM君が自殺したというのです。内の息子は就職もせずに神学校なんかに行ってしまい、人生の敗残者のコースをたどるのかと思うと悔しくて悔しくて。それに比べて順調なコースを行くM君がとても羨ましかったのです。人生に息詰まって死ぬのならわかりますが、エリートの前途洋々の青年が死を選ぶとは一体どういうことなのだろう。もの凄いショックでした。
 「死とは何か、生とは何か」と考えていくうちに、こんな重大な人生の根本問題に五十一歳にもなって、全く無知な自分に愕然としました。それで長男をとらえたキリストにこの解決があるのではないかと、ともかく教会に行ったのです。 

 この方は、求めていた答えを見出だされ、クリスチャンとなられました。