日曜礼拝および諸集会のご案内


<日曜日>
●主日朝礼拝 午前10時30分~ 
●主日昼拝  第三日曜日午後1時半~ 
●教会学校  お休み中 

<水曜日>
●聖書研究祈祷会 午前10時30分~ 

主日朝礼拝」とは、聖書に根拠をもつ、毎週日曜日の朝の礼拝のことです。神を表す「主」の日に、神を讃美し、祈り、神の言葉を説教という形で聴いて、学び、考えます。
主日昼拝」は、日曜日午後の礼拝です。朝、教会にお越しになりにくい場合には特にお勧めします。朝の礼拝とは内容が違いますので、朝に続いて出席される方もいらっしゃいます。なお、通例毎月第4日曜日の午後は、1時30分開始で、手話による礼拝を行います。手話で説教がなされますが、手話を読みとる通訳がつきますので、聴者も参加できます。
教会学校」も日曜日の集会です。礼拝の他に、聖書やキリスト教文化について学ぶ「成人科」と、小学生以下の子どもたちによる「子ども」の部があります。子どもたちは、三階会堂での礼拝からまず参加し、途中から子どもだけの礼拝を二階で行います。子ども向けの聖書のお話や、ワークブックその他お楽しみがあります。
聖研祈祷」とは、分かりにくい言い方ですが、「聖書研究」と「祈り」のひとときです。聖書について学び、質問も飛び交います。ふだんよりくつろいだ形で迎えることもできますが、祈りは教会の原動力ですから、心をこめて祈ります。信仰の体験を語り合う機会もあります。

なお、それぞれの時間は、「成人科」が30分程度、「主日昼拝(手話礼拝)」が1時間程度、他は1時間半前後を目安にご理解ください。また、教会の行事その他の都合で、「主日礼拝」のほかは、日時が変更になる場合があります。本ウェブサイトにおいては、おもな行事は「ニュース」、集会の細かな変更は「ひろば」で告知することになります。ご面倒ですが、ご確認くださると幸いです。