日曜礼拝および諸集会のご案内

礼拝を共にささげて、聖書を通して、神の豊かな愛と人としての存在の大切さを教えられ、励ましと希望を与えられることを願っています。
初めての方でも安心して自由に参加できます。常時、手話通訳しています。
「私はクリスチャンではありませんが」と言われる方々もご出席されています。最初は敷居が高いと感じられるかもしれませんが、気軽に出入り出来ます。
豊かな聖書の学びと交わりを持てるように、願っています。
お気軽に問い合わせ下さい。またお越しください。


<日曜日>
●主日朝礼拝 午前10時30分~ 
  礼拝が終わると、お昼は共にお食事を頂きます。ご遠慮なくどうぞ。
  お茶を頂きながら,聖書のこと、信仰のこと、日常生活の喜びや諸問題を語り合うことも出来ます。
●主日昼拝  第三日曜日午後1時半~ 
●教会学校  お休み中 


<水曜日>
●聖書研究祈祷会 午前10時30分~ 


主日朝礼拝とは、聖書に根拠をもつ、毎週日曜日の朝の礼拝のことです。
 神を表す「主」の日に、神を讃美し、祈り、神の言葉を説教という形で聴いて、学び、考えます。手話通訳があります。

主日昼拝
とは、現在、第三日曜日午後の礼拝です。
 朝の礼拝とは内容が違いますので、朝に続いて出席される方もいらっしゃいます。手話通訳があります。

聖研祈祷
とは、分かりにくい言い方ですが、「聖書研究」と「祈り」のひとときです。
 聖書の学びは「神のご計画の全体を学ぶ」を念頭に、毎週一章ずつを学び進めています。質問も飛び交います。
 ふだんよりくつろいだ形で迎えることもできますが、祈りは教会の原動力ですから、心をこめて祈ります。信仰の体験を語り合う機会もあります。